太陽光発電を利用したビジネスについて

日本は常にエネルギー問題の克服が課題となっています。石油の産出もほとんどありませんし、資源に恵まれた国でもありません。そして自然災害の影響も大きく電力にも問題を抱えています。そんな中でクリーンエネルギーとして注目されている太陽光発電を取り入れる家庭が増えてきています。この太陽光発電で作られた電気は買い取りしてもらうことができてそれだけでビジネスにもなります。

通常家庭で設置される住宅用の太陽光発電は発電した電気を家庭で使い、余った分が電力会社に売電されるというシステムになっています。でも産業用の太陽光発電は発電した分は全部買い取りしてもらうことができます。産業用太陽光発電と聞くと企業にしか設置できないのかというとそういったわけではなくて、それなりの土地と設置スペースがあれば個人で持つこともできます。

太陽光発電で作られた電気代は30円程度で買い取りされています。それに対して通常の家庭が使っている電気は20円程度です。太陽光発電で作られた電気を売ると10円程度の利益が生まれるということになります。これを利用してビジネスにすることもできます。設置のための元を稼ぐのに10年程度と考えると、買い取り価格が保障されている20年のうちの残り10年は純利益として稼ぐことができます。実際にビジネスとして行うにはリスクもありますが、電気をいうものは高値で買い取りしてもらえるのです。

Leave a Reply