都内の便利地に丸紅の新築分譲マンションが誕生します。

郊外の一等地にあるニュータウンを離れて都内の駅近な分譲マンションに移り住む人が増えているようです。都心へのレイルアクセスや生活環境が良ければ中古マンションも新築物件と同様にニーズが高まっています。

板橋区赤塚に駅徒歩2分の新築分譲マンションが誕生します。興味がある方は物件案内参考>のHPをご覧ください。新築分譲マンションの販売で人気と実績のある丸紅の「グランスイート下赤塚」の物件概要と現地案内図を確認できます。

3路線2駅利用可能で近隣に便利な商店街があり、東武ストアの跡地に大型スーパー併設予定ですから通勤通学はもちろん日常のショッピングにも大変便利です。近隣に幼稚園や小学校、公園があるので子育てファミリーにもおすすめです。郵便局や銀行などの生活施設も充実しています。

「グランスイート下赤塚」は南向き中心で開放感たっぷりの間取りがポイントです。24時間セキュリティと住まい全体浄水システムですから、あらゆる世代の方に満足してもらえるでしょう。住み替えをお考えの方もこの機会に板橋区赤塚の新築分譲マンション購入を検討してみてはいかがでしょうか。

詳しい資料が欲しい方、モデルルームを見学してみたい方は、丸紅不動産販売内の「グランスイート下赤塚」販売準備室に問い合わせてみませんか。こちらのサイトの資料請求フォームかフリーダイヤルで受け付けてもらえます。

太陽光発電を利用したビジネスについて

日本は常にエネルギー問題の克服が課題となっています。石油の産出もほとんどありませんし、資源に恵まれた国でもありません。そして自然災害の影響も大きく電力にも問題を抱えています。そんな中でクリーンエネルギーとして注目されている太陽光発電を取り入れる家庭が増えてきています。この太陽光発電で作られた電気は買い取りしてもらうことができてそれだけでビジネスにもなります。

通常家庭で設置される住宅用の太陽光発電は発電した電気を家庭で使い、余った分が電力会社に売電されるというシステムになっています。でも産業用の太陽光発電は発電した分は全部買い取りしてもらうことができます。産業用太陽光発電と聞くと企業にしか設置できないのかというとそういったわけではなくて、それなりの土地と設置スペースがあれば個人で持つこともできます。

太陽光発電で作られた電気代は30円程度で買い取りされています。それに対して通常の家庭が使っている電気は20円程度です。太陽光発電で作られた電気を売ると10円程度の利益が生まれるということになります。これを利用してビジネスにすることもできます。設置のための元を稼ぐのに10年程度と考えると、買い取り価格が保障されている20年のうちの残り10年は純利益として稼ぐことができます。実際にビジネスとして行うにはリスクもありますが、電気をいうものは高値で買い取りしてもらえるのです。